トップページ > 子宮頸がん検診

子宮頸がん検診Cervical cancer screening

コース詳細

・子宮がん検診は20歳を過ぎたら毎年受けましょう。
 近年では若い女性が子宮がんで妊娠できない状態になることが問題視されています。
・各健康保険組合から補助金が出る場合もあります。

HPV(ヒトパピローマウイルス)をご存知ですか?
ヒトパピローマウイルス(HPV)は皮膚や粘膜に感染するウイルスで、100種類以上のタイプがあります。このうちの約15種類は発がん性HPVと呼ばれ子宮頸がんの原因となることが多いことが分かっています。中でも、16型と18型と呼ばれる2種類は、子宮頸がんを発症した20〜30代の女性の約70〜80%から見つかっています。

☆どうやって感染するの?
発がん性HPVは、多くは性交渉の時に感染します。性器のまわりの皮膚や粘膜との密接な接触などによっても感染することがあります。コンドームは感染を防ぐ有効な手段ではありますが、完全に防ぐことはできません。

☆感染しているか調べることはできるの?
子宮頸がん検診の際に申し込んでおけばウイルス検査も同時にできます。
HPVだけでなく、クラミジア、淋菌なども調べることができます。

料金案内

検査料金(税別)
子宮頸がん検診 
 オプション 3500円
 単独検診  7500円

ページトップへ戻る

伊藤整形・内科 あいち腰痛オペクリニック 健診センター 外観

 〒480-0102
 愛知県丹羽郡扶桑町大字高雄字郷東41
 伊藤整形・内科 健診センター
 http://www.aichi-dock.jp/

伊藤整形・内科 健診センター

お問い合わせ・お申し込み
TEL:0587-92-3382 FAX:0587-92-3301
お問い合わせ・お申し込み受付け時間
8:30〜17:15
電話でのご予約をお待ちしています。
検査内容等についても電話でご相談ください。

Copyright(c) 2013 ITO ORTHO & INTERNALCLINIC All Rights Reserved.